2005年06月29日

訴状提出

訴状提出に合わせ、証拠となる品々を集めました。証拠は基本的にいくつあってもいいと思います。自分が気の済むまで集めましょう。私は、証拠1号〜8号(都合8点集めて提出しました)

具体的には
・契約書(現在のもの)
・領収書・振込金受領書(契約当時のもの)
・見積書
・内容証明 (通告書)
・内容証明 (回答)
・過去の賃貸契約書
・クリーニング見積書(独自で入手したもの)
・写真(入居前のもの・退去時のもの)

訴状を提出すると、書類のチェックと証拠品のナンバリングを行いました。で裁判の日程を決めて、約1週間後に出廷命令をFAXか郵送で行う旨を伝えられました。

裁判の日取りは、その裁判所の裁判開催日に合わせ、約1ヶ月後の原告の都合の良い日が決められます。

*証拠の提出は、訴状提出日が原則です。裁判当日は受け付けてくれません。
*証拠は2部確か用意しました。訴状提出後、被告側へ同じ物が郵送されます。

次は、いよいよ裁判当日です。どんなことになるやら愉しみです。
posted by ドラ吉 at 16:11| Comment(2) | TrackBack(1) | 敷金闘争までの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。