2006年04月26日

勝訴確定?

裁判は、あっけなくものの5分で終了。

ようは、原告の訴えを全面的に認めるとのこと。(ガイドライン等を考慮)
被告はいろいろ御託を述べていましたが、あえなく却下。

ただし、判例・通例上2割(借主負担)8割(貸主負担)が妥当ではないかと。

別室で、示談のための話し合いと言うか、負担割合の計算をして、再度法廷へ。


裁判長曰く、判決を言ってもいいが、示談でも効力は一緒だから示談でいいかとのこと。(法廷に戻り、判決というか示談の経緯を呼んで、いつまでに振込むかの決定がされる)

まぁ金さえ戻ればよいので従うことに。

2・8の負担割合がどうかと思いますが、とりあえず、訴訟を起して正解でした。いずれにしても業者のいいなり・貸主の言いなりになると、返ってくるものも帰ってこないわけですからね。

この2割負担には、クリーニング代金も含まれています。裁判長がいうには、この数字が一般的だろうとのこと。

ということで、無事裁判も終了です。

これから、裁判を行おうとする方々、裁判中の方々、頑張ってください。つきなみですが、正義は必ず勝ちます。
posted by ドラ吉 at 14:41| Comment(2) | TrackBack(2) | 敷金闘争までの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まずはおめでとうございます。
結構あっけない勝利のようで安心しました。

私も来月裁判期日が決まりました。
私の場合自身の最寄りで提訴したにも関わらず
裁判官に被告の最寄りの裁判所へ移送されてしまい、
こちらから遠方へ出向くことになってしまいました。
仕方ありませんが、がんばってみようと思います。

更新ありがとうございました。
Posted by 少額裁判中 at 2006年05月08日 23:22
あつまろです。遅ればせながらおめでとうございます。
現在敷金返金のための少額起訴を勉強中ですが、大変参考になりました。
Posted by あつまろ at 2008年11月15日 01:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

敷金礼金
Excerpt: ★★★不動産業者に支払った敷金、礼金・・・入居中であろうが、退去後であろうが、今から30日以内にしかも不動産業者との交渉すらすることなくいとも簡単に返金させることが可能です!
Weblog: 敷金礼金
Tracked: 2006-11-02 23:27

敷金を取り戻そう。
Excerpt: あつまろです。 引越まで2週間内になりました。 いま調べているのが、 敷金に関する知識です。 賃貸は部屋を借りて 退出時は現状回復して オーナーに返還しなければなりません。 ..
Weblog: あつまろのこだわり資産運用
Tracked: 2008-11-15 01:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。