2005年06月29日

訴状提出

訴状提出に合わせ、証拠となる品々を集めました。証拠は基本的にいくつあってもいいと思います。自分が気の済むまで集めましょう。私は、証拠1号〜8号(都合8点集めて提出しました)

具体的には
・契約書(現在のもの)
・領収書・振込金受領書(契約当時のもの)
・見積書
・内容証明 (通告書)
・内容証明 (回答)
・過去の賃貸契約書
・クリーニング見積書(独自で入手したもの)
・写真(入居前のもの・退去時のもの)

訴状を提出すると、書類のチェックと証拠品のナンバリングを行いました。で裁判の日程を決めて、約1週間後に出廷命令をFAXか郵送で行う旨を伝えられました。

裁判の日取りは、その裁判所の裁判開催日に合わせ、約1ヶ月後の原告の都合の良い日が決められます。

*証拠の提出は、訴状提出日が原則です。裁判当日は受け付けてくれません。
*証拠は2部確か用意しました。訴状提出後、被告側へ同じ物が郵送されます。

次は、いよいよ裁判当日です。どんなことになるやら愉しみです。
posted by ドラ吉 at 16:11| Comment(2) | TrackBack(1) | 敷金闘争までの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日トラバさせていただきました。

私は今から訴状の準備です。お互い頑張りましょう。
Posted by mits at 2005年07月02日 11:32
こんにちわ どら吉さん。
私も 1年前の 同じような時期 5月に 市役所の無料弁護士に相談に行き 7月に訴状を提出して そして 今年の3月に判決をもらい 敷金の9割を 返してもらいました。
私はど素人で 勢いで、裁判を起こしたものの いろいろと悩んでいたら、とあることから 法律に詳しい 法子さんと出会い アドバイスの元 不安なく 裁判が出来ました。
今は 共同サイトを立ち上げています。
被告側の態度については 色々と腹のたつことも多いとは思いますが、勝ったら すっきりっ!!ですよ。
がんばってくださいね。
Posted by Mです。 at 2005年07月02日 17:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

室内クリーニングは日本の伝統的美徳?
Excerpt: 昨日の続き。貸主からの返事は次のとおりだった。 お返事の中でいささか趣旨の取違が
Weblog: ビジネスマンの敷金返還闘争記
Tracked: 2005-06-29 20:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。