2005年07月20日

Newsから

久しぶりに更新ですが、皆様コメント・トラバありがとうございます。

ところで久しぶりにNewsで敷金関連の話題です。

関西方面の敷引きが無効判決とのこと。

関西には、敷金から補修費用を差し引く敷引きという制度があるとのこと。それに対する、消費者契約法により無効判決がでましたというNwews。

これは、当然といえば当然でしょうが、簡易裁判所が、棄却しているというところがみそでしょうか?これだけ騒がれているのに、簡易裁判所が棄却することのほうが勇気がいるのでは・・・?

敷引きだろうが敷金だろうが、自然損耗には、一銭たりとも払わないという意気込みが重要かと。
posted by ドラ吉 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 敷金闘争までの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

消費者契約法
Excerpt: 消費者契約法消費者契約法(しょうひしゃけいやくほう;2000年|平成12年5月12日法律第61号)とは、「消費者と事業者との間の情報の質及び量並びに交渉力の格差にかんがみ、事業者の一定の行為により消費..
Weblog: 日本の法律について
Tracked: 2005-08-13 10:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。